読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平地で誰にも抜かれないトレーニング

f:id:keisuke44:20170311160937j:plain

こんにちはKeiです。

 

最近平地の練習にハマっていて

 

タイムトライアルレースを目標に

練習をしています。

 

よく行くのは江ノ島から平塚にかけての

海岸線沿いです。

 

週末行くと、異常に速い

平地スペシャリストの方いますよね?

 

多分私もその一人です。

 

もともと、体重があったので平地よりの

脚質ではあったんですが

 

どうしても持久力だけが伸びませんでした。

 

時速40キロで10分が限界でした。

 

今では30分は持続できます。

 

さてということで、今回は

『平地での独走力を上げるためのトレーニング』

についての紹介です

 

このトレーニングをやれば

あなたは必ず

『平地で誰にも抜かれることなく、颯爽と走れる人になれます』

 

このトレーニングをしなければ

『いつまでたっても後ろから抜かれ続ける『遅い人』のままです』

 

それでは話していきます

1:平地に強くなるためのポイント

f:id:keisuke44:20170311202148j:plain

平地を速く走るために意識するポイントは

  1. 風の抵抗
  2. エアロポジションで力を出せるようにする

 

まず平地で走るにおいての最大の敵は

風の抵抗です。

 

速度が上がれば上がるほど

風の抵抗は大きくなり、

より漕ぐ力が必要になります。

 

その風の抵抗を減らすために

エアロポジションをとり、

下ハンドルを持って漕ぐわけですが

f:id:keisuke44:20170312185622j:plain

 

練習で頻繁にこのエアロポジションを

意識しているかたは大丈夫だと

思うんですが

 

慣れていないかたがエアロポジションを

とると

漕ぐ力が低下することがあり、

 

結果として

 

スピードが上がらないという

ことが多くあります。

 

そのため、まずはエアロポジションで

強い力で漕ぐことができる必要があります。

 

それについては次で説明します。

2:トレーニング方法

f:id:keisuke44:20170312190743j:plain

 

さて具体的なトレーニング内容ですが

二つのステップを踏んでやっていただきたいと思います。

  1. ローラーでの20分走
  2. 外での実践

 

まず初めにローラーで20分間

ギリギリで漕げる力で練習をして下さい

 

これを一週間続けて下さい!

 

もちろんエアロポジションでのトレーニングです。

 

この練習で一定して同じ速度で走れるようになったら

 

外での実践に移して下さい

 

おそらく今までより

『速く走れるようになると思います。』

3:まとめ

f:id:keisuke44:20170310163239j:plain

いかがでしたでしょうか?

 

『今回は平地でのトレーニング』

についてお話をしました。

振り返ると

  • エアロポジションの意識
  • ローラー台で20分間全力で
  • その後実践練習

です。

 

エアロポジションは意外とプロを参考にすると

わかりやすいので

ぜひこの動画を見てみてください


#WinTunnel : 低速走行時のエアロ効果について