すぐに速くなりたい=地獄

f:id:keisuke44:20170312154113j:plain

こんにちはKeiです。

 

最近『すぐに速くなるにはどうすればいいですか?』

 

って聞かれます。

 

『自転車はコツコツ速くなるものだ』って言う

人もいますが

実際には、すぐに速くなる方法って結構あるんですよね

 

 

 

ただし、本当に一定期間

自分の欲望を抑えて、我慢できるならの話なんです。

 

 

それぐらいにすぐに速くなる

と言うのは苦しくて辛いことなんです。

 

今回はすぐに速くなりたい

来月にレースに出るんだというあなたに

向けての記事です。

 

 

 

本当に実践できれば、

あなたは必ず速くなってレースでも

好成績をとることが可能になります。

 

出来ないなら、すぐに速くなることは諦めて

じっくり速くなりましょう

 

 

1:なにをやるのか?

f:id:keisuke44:20170311185208j:plain

大切なのは、自転車レースだけに特化したトレーニングを行うこと。

つまり、ウェイトトレーニング

クロストレーニングはやらないということです。

 

時間が限られているのにトレーニング方法を間違えることは、

決定的なダメージにつながります。

1分たりともムダにせず、

 

自分にとって最善の方法を選択することが重要なのです。

トレーニングの3要素である「頻度」「密度」「時間」

を上手にやりくりして、トレーニングで最大の成果を得ましょう

 

2:トレーニングメニュー

f:id:keisuke44:20170312190743j:plain

まずやるメニューです。

 

・平日はローラーをつかっての練習をします。

  1. 5分走
  2. 1分走
  3. 4分レスト

 

このメニューを5セット行います。

 

5分走は5分間で走りきれる最大の力で漕いでください

 

次の1分走では5分走を超える力で漕いでください

最後に踏み直すというレース終盤での想定です。

 

その後4分間流します。ペダルを回すくらいでいいです。

 

これを5セット繰り返してください。

 

おそらくやればわかると思いますが

とてつもなくきついです。

 

これを平日4日間やってください。

 

 

 

 

・休日はファストランといって

長距離を単独で走るトレーニングをします。

 

距離は最低200キロ走りたいですが

8時間で帰ってくることが目標なので

基本的には休息は無しで、補給食を多く背中

にしまっていってください

 

この練習は8時間を超えるようであれば意味がないので

4時間で折り返して

距離を測定してください

 

最終的に200キロを超えれるようになれば

大丈夫です。

 

この練習は週末1日やれば大丈夫です。

 

この生活を一ヶ月続けて見てください

あなたは間違いなく、見違えるほど速くなっています。

 

3:まとめ

f:id:keisuke44:20170310135326p:plain

いかがでしたでしょうか?

 

正直このトレーニングはオススメしません。

 

速くなりたいと心から思っていて

自転車以外のものは切り捨ててもいいと思っている

人のメニューです。

 

しかし速くなることは事実なので

『速くなるんだ』と思っているあなたは

やった方がいいかもしれませんね

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。