読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と自転車のメリハリ

f:id:keisuke44:20170313022727j:plain

こんにちはKeiです。

 

社会人ホビーレーサーにとって

 

仕事後の飲み会や接待ってとても苦痛に

感じることってありますよね?

 

もちろん接待などは仕事の延長線上

なので仕方がないと思うのですが

 

レース前などは、平日の夜の練習が

非常に大切になり、メンタル的にも

結構シビアになります。

 

 

『今夜はあまり飲まずに帰ったら少しでも乗ろう』

 

そう思っていても意外と行ってみると

楽しくて二次会、三次会と

流れてしまうなんて

よくある話だと思います。

 

そんなあなたにちょっとした考え方を伝授したいと

思います。

 

練習もできて、お酒を飲むことなく

接待も可能にする考え方です!

 

これができれば

ストレスを感じることなく

飲み会に参加することも

もしくは参加しないという選択も

 

選ぶことができます。

 

そうすれば、仕事も自転車も

必ずうまくいきます!

 

 

1:お酒を飲めない環境作り

f:id:keisuke44:20170313030652j:plain

 

タイトルにもありますが、

お酒を飲めないという環境を

作ること!

 

これが大事になってきます。

 

結論から言えば

『自転車通勤』

をすることです!

 

 

 

自転車通勤をすることで

「自転車で帰らないといけないのでお酒は飲めない」

ということができます。

 

特に会社内での飲み会であれば

断ることができるようになります。

 

接待の場合、参加は必須だとしても

お酒を飲むということは回避することができます。

 

家と会社が遠いというかたに

この方法は適用できませんが

片道40キロまでならぜひやって見てください

 

朝と夜で80キロ漕げると考えると

非常に効率がいいです。

 

ただし、汗をかくので必ず

着替えと、ボディケア用品を

持参してください。

 

次の記事で

どのようなスタイルで通勤をするかを書いていきます

2:自転車通勤スタイル

f:id:keisuke44:20170312220529j:plain

 

まずスーツをきて走るのはナンセンスです

 

なのでまずはスーツを収納できる

バックパックを購入する必要があります。

 

私が普段使っているバックパックを紹介します。

 

 

 

 

ヘンティ Wingman BackPack 2 CPT

ヘンティ Wingman BackPack 2 CPT

 

こちらのバックなんとスーツを

しまうことができる

非常に優秀なバックなんです。

 

これにスーツを入れて

サイクルウェアで出勤

『結構注目浴びれて楽しい』

と私は思っています。

3:まとめ

f:id:keisuke44:20170312182029j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

実際のところ、本当に自転車通勤していなくても

「自転車通勤なんだ」と言えば

 

信じてくれると思います。

 

そのことは置いておいても

自転車通勤をすることで

朝と夜の練習ができることは

非常に大きいメリットです。

 

ですのでぜひ『自転車通勤』をして

仕事も自転車も全力でこなすサラリーマンに

なりましょう!

 

とりあえず

家から会社までのルートを今すぐ作って見てください!

 

まずはルートをしりましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。